ふたまたがわ歯科口腔外科

045-360-6480

MEDICAL GUIDE

診療について

いびき・睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは、「いびき」だけではなく、睡眠中に無呼吸を繰り返すことで、様々な合併症を起こす病気です

いびき、夜間の頻尿、日中の眠気や起床時の頭痛などが症状としてあり、特定の職業では日中の眠気によって、作業効率の低下、居眠り運転事故などの労働災害の原因になります。

SASが疑われる場合は、携帯型装置による簡易検査や睡眠ポリグラフ検査(PSG)にて睡眠中の呼吸状態の評価を行います。PSGにて、1時間あたりの無呼吸と低呼吸を合わせた回数である無呼吸低呼吸指数(AHI)が5以上であり、かつ上記の症状を伴う際に診断されます。重症度はAHI 5~15を軽症、15~30を中等症、30以上を重症としています。

POINT

SASでは高血圧、脳卒中、心筋梗塞などを引き起こす危険性が約3~4倍高くなり、AHI30以上の重症例では心血管系疾患発症の危険性が約5倍にもなります。 AHIが20以上で日中の眠気などを認めるSASでは、経鼻的持続陽圧呼吸療法(Continuous posi-tive airway pressure:CPAP)が標準的治療となりますが、軽症例やCPAPが使用できない方には、下あごを前方に移動させる口腔内装置(マウスピース)を使用して治療します。

当院では、大学病院で循環器科と共同してSAS研究をしていた実績から、より専門性の高いマウスピース治療を導入しています。単純な「いびき」が気になる方も、マウスピースを使用し改善することができます。

診療科目

歯科口腔外科

Oral Surgery

一般歯科

General Dentistry

小児歯科

Pediatric Dentistry